“小魔:こおに” の例文
“小魔:こおに”を含む作品の著者(上位)作品数
ハンス・クリスチャン・アンデルセン1
“小魔:こおに”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学(児童)9.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そのとき、ふと、たかい塔の窓の所に、お寺の*小魔こおにが、あかいとんがり頭巾をかぶって立っているのがみえました。