“奎齋”の読み方と例文
新字:奎斎
読み方割合
けいさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「五丁目の奎齋先生は今歸りました。心の臟をゑぐつて居るから即刻息が絶えたことだらうと言ふ見立てで」
尤も横町の奎齋先生に訊くと、——戀患ひや貧の病ひなんてのは、病氣ぢやないさうですね。
奎齋老の述懷は、益々平次を驚かすばかりです。