“多造塔寺”の読み方と例文
読み方割合
たぞうとうじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その次の像法の後の五百年は多造塔寺たぞうとうじの時代、即ちお寺をたくさん造った時代、つまり立派なお寺を建て、すばらしい仏像を本尊とし、名香を薫じ、それに綺麗な声でお経を読む。
最終戦争論 (新字新仮名) / 石原莞爾(著)