“喉頭炎”の読み方と例文
読み方割合
こうとうえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人の知るとおり、今から三十五年前に、クルプ性喉頭炎が非常に流行して、パリーのセーヌ川付近を荒したことがあった。