“啀喍”の読み方と例文
読み方割合
いがむ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
し、嚴つし、嚴めし、啀喍の類の語も、深く本づくところを考ふれば、皆氣息に關して居るかも知れぬ。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)