“唯証相応”の読み方と例文
読み方割合
ゆいしょうそうおう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの有名な『起信論』に「唯証相応」(だ証とのみ相応する)という文字がありますが、すべてさとりの世界は、たださとり得た人によってのみ知られるのです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)