“唐門道”の読み方と例文
読み方割合
からもんみち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
八弥が、そう気がついて、駈け出そうとした途端に、侍の影は、唐門道の真っ白な月下を、夜烏のように、躍りながら、右の手をひるがえして、何か投げた。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)