“唐犬額”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
とうけんびたい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“唐犬額”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
思い切り大柄な浴衣に、紫紺緞子しこんどんすへ銀糸の入った帯を派手に締め、来て見よがしの唐犬額とうけんびたいという風装つくりは、云わずと知れたこの時代の町奴まちやっこ
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)