“唐崎表”の読み方と例文
読み方割合
からさきおもて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
討手を向けられた場合には、唐崎表へ討って出で合戦に及ばんこと、願う所の幸いでござります、人数も凡そ三萬餘りはござりましょうが、萬一御運が盡きましたら
聞書抄:第二盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)