“例繰方”の読み方と例文
読み方割合
れいくりかた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
地つづきに植溜があって、ちょうどそこへ通りかかったのは北町奉行所の例繰方、仙波阿古十郎とお手付、ひょろりの松五郎。
顎十郎捕物帳:13 遠島船 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
あまりにも緩怠至極な阿古十郎の態度に庄兵衛は呆れたり腹を立てたりしているが、しかし、そうばかりもしていられないので、北番所の例繰方に空席のあるのを幸い
顎十郎捕物帳:02 稲荷の使 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
北番所の例繰方で、奉行の下にいて刑律や判例をしらべる役だが、ろくろく出勤もせず、番所から持ち出した例帳や捕物控などを読みちらしたり、うっそりと顎を撫でたりして日をくらしている。
顎十郎捕物帳:03 都鳥 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)