“仏間籠”の読み方と例文
読み方割合
ぶつまごも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「子の千寿王が、大蔵のお固めを破って脱走したのも知らず、良人高氏の反逆いらい、この守時の実家で、尼同様な仏間籠りの日々を送っておりましたが、ついに今暁……」
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)