“今半”の読み方と例文
読み方割合
いまはん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
浅草の今半だの、松喜も又やり出した。そしてこれらは、皆関東流である。
牛鍋からすき焼へ (新字新仮名) / 古川緑波(著)
浅草まで飛べば、ちんや、松喜今半
牛鍋からすき焼へ (新字新仮名) / 古川緑波(著)