“下宮大夫:しもみやたいふ” の例文
“下宮大夫:しもみやたいふ”を含む作品の著者(上位)作品数
森鴎外1
“下宮大夫:しもみやたいふ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「新禧いよ/\御安祥御迎可被成遙賀仕候。晋帥病懶依然御放念可被下候。去年下宮大夫しもみやたいふ臥病の節は御上屋敷迄も御出之由、忙程之事出来候へば大慶也。追々脚力も復し可申やと奉存候。只私がごとくよりによりたる年浪は立帰るなし。御憐察可被下候。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)