“ルーレット”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
回転盤50.0%
球転50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やがて、騎手たちはスタートを切った。つるを離れて行った七色の点が星のように馬場を駈け出した。——巨きな賭博の回転盤ルーレットまわり出したのだ。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
回転盤ルーレット
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
隅ずみには磁器製の男の牧人と女の牧人や、有名なレフロイの工場製の食堂用時計や、紙匣はりぬきばこや、球転ルーレット(一種の賭博)の道具をはじめとして、モンゴルフィエールの軽気球や、メスメルの磁石が世間を騒がせた前世紀の終わりにはやった、婦人の娯楽用の玩具おもちゃがたくさんにならべてあった。