“ラジオ”の漢字の書き方と例文
語句割合
無電100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だってこの古田の話はやっぱりあの無電ラジオ小僧と関係して、つい先頃新聞にやかましく出された不思議な事件ですものね。
ニッケルの文鎮 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
新聞に無電ラジオ小僧なんて書かれて随分騒ぎだったでしょう。
ニッケルの文鎮 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)