“モブ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
愚民50.0%
葵花色50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
普通の意見に(その意見がどんな根拠のあるものとしてもだ)同意しているだけの新聞は、愚民モブの人気を得るもんじゃない。
家具が葵花色モブの影を床の上にひいているばかりで、何ひとつ動くものもなかった。
墓地展望亭 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)