“ブルース”の漢字の書き方と例文
語句割合
上着100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼等の帽子や長髪やネクタイや上着ブルースは芸術家であったが、彼等の魂や根性は会社員よりも会社員的であった。
白痴 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)