“ニライカナイ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
儀来河内50.0%
彼岸浄土50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
儀来河内ニライカナイ・おぼつかぐら・なるこてるこ・まやなど称する、遥かな国から来臨する神及び伴神は、青年の扮する所であつた。
組踊り以前 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
さうして、私たちが、幾らも其知識を惹き出さない間に、那覇の入り江から彼岸浄土ニライカナイ大主神ウフヌシが呼びとつて了うた。
若水の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)