“サカツコ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
造酒児50.0%
造酒子50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、大嘗の悠紀・主基の造酒児サカツコなる首席巫女の、野の茅も、山の神木も、まづ刃物を入れるのを見れば、さうした形も、想像出来る。
万葉集研究 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
山へ行つて、薪や御用の木を伐る時に、一番先に斧を入れたり、又野原へいつて、御用の茅を刈るのも、造酒子サカツコの為事であつた。
大嘗祭の本義 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
女の方では、郡領の娘が造酒子サカツコに定められる。
大嘗祭の本義 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)