“ギャルツァン”の漢字の書き方と例文
語句割合
慧幢100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で私は毎日チベット語の経文を読みあるいは抜書きなど致して居りましたが、チベット語の経典でも論部でも自由に解釈の出来るようになりましたのは、全く慧幢ギャルツァン博士が毎日六時間ずつほとんど一年間教授してくれたからであると大いに感謝致しました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)