“キツツキ”の漢字の書き方と例文
ひらがな:きつつき
語句割合
啄木鳥100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
斯んな薄暗がりの鳥屋とやのやうな屋根裏で、鴉の羽音に驚いて奇声をあげたり、脚踏みをする鳥共の中で、むつくりとしてゐる私の有様は啄木鳥キツツキとも木兎とも云ひやうもなく、てもなくあたりの標本類の一種と見違へる——と唱と柚太は薄気味悪るがつた。
剥製 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)