“オッチニ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
家庭薬売50.0%
薬売人50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ですから生蕃小僧はそこを利用してその頃流行はやっていた日本一薬館の家庭薬売オッチニに化けて大きな風琴を弾き弾き見付の町を流しまわっているうちに、等々力の若親分の身のまわりをスッカリ探り出してしまいました。
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
その草原の中央の平石に腰をかけている若親分、等々力久蔵の前に、金モール服の薬売人オッチニに化けた生蕃小僧こと、石栗虎太が胡座あぐらをかいて、ポケットの中からピストルを突付け、等々力久蔵の妻君の不行跡を曝露し、嘗て、或る処で
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)