“よまち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
夜待50.0%
夜街50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜待よまちと言って、夜中、山に籠って猪を撃つことがありますが、それに行っていると、もう夜明けに近いと思うころに、山の頂上いただきの方で、
北国の人 (新字新仮名) / 水野葉舟(著)
夜街よまちを君は厭はじな。
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)