“やまむれ”の漢字の書き方と例文
語句割合
山群100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
無数のやつや低い山群やまむれにかこまれている鎌倉の府は、自然、渓水たにみずのせせらぎや、静かな川音が、街中のどこにもしていた。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)