“もんまく”の漢字の書き方と例文
語句割合
紋幕100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
衝天しょうてんの意気、思うべしで、海上には、尊氏の乗船が、数百そうの船列の中に、二引両の紋幕もんまくをヒラめかせているのが望まれ、陸路には、先陣をゆく少弐頼尚の、綾藺笠あやいがさの旗じるしが、あざらかなほど見えたという。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)