“むかえまち”の漢字の書き方と例文
語句割合
迎待100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜あかしには立待たちまちと称して、夜更けて月の昇るまで坐らず腰かけず、または瀬待せまちといって必ず流れ川の岸に立って待ち、または迎待むかえまちといって月の出る方角へ、月の出るまで歩行をつづけるなど、苦行を信心のうちにかぞえていたのは、以前の物忌が形を変えたものと思われる。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)