“みずせん”の漢字の書き方と例文
語句割合
水銭100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
国主へ年貢ねんぐを納めるほかに、私に法を立てて、村民から田や畑の「守護銭しゅごせん」と称して、二重の税を取ったり、池や川のせきを、自分の手に奪っておいて、「水銭みずせん」を取ったりしていた。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)