“ぽっくりがた”の漢字の書き方と例文
語句割合
木履型100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この橋から間もなく、河口ののどの膨らみのようになっている岸に、三層楼の支那の倉庫店がずらりと並び、河には木履型ぽっくりがたのジャンクが河身を埋めている。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)