“ほっしんげ”の漢字の書き方と例文
語句割合
法身偈100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昔から仏教では、この一句を「法身偈ほっしんげ」または「縁起偈えんぎげ」などといっていますが、彼はこの言葉を聞くなり、決然として、ながい間、自分の生命いのちとも頼んでおった、婆羅ばら門の教えをふり捨てて、ただちに心友の目連尊者といっしょに、釈尊のみもとせ参じ、ついに仏弟子となったのであります。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)