“ほそろぐせり”の漢字の書き方と例文
語句割合
保曾呂倶世利100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
保曾呂倶世利ほそろぐせりというのは変な名の曲であるが、それをおもしろく笛で源氏が吹くのに、合わせる琴の弾き手は小さい人であったが音の間が違わずに弾けて、上手じょうずになる手筋と見えるのである。
源氏物語:07 紅葉賀 (新字新仮名) / 紫式部(著)