“ふうばく”の漢字の書き方と例文
語句割合
封縛100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ただし渺々びょうびょうたる大江の上、一艘の船に火がかからば、残余の船はたちまち四方に散開する。——ゆえに、火攻めの計を用うるには、まずその前に方術てだてをめぐらし、曹軍の兵船をのこらず一つ所にあつめて、くさりをもってこれを封縛ふうばくせしめる必要がある」
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)