“ひとことひとこと”の漢字の書き方と例文
語句割合
一語一語100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ささやくような小声ながらも一語一語ひとことひとこと念を押すように力を入れ、ぴったりうしろから寄添よりそっていつか手をも握りながら、「お前、もうおれがいやになったのか。」
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)