“ばいどくおんな”の漢字の書き方と例文
語句割合
黴毒女100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
真ッ昼間だというのに、黄色のドーラン化粧に、青のアイシャドウ、おまけに垂れしたたるような原色のくちびるをもった、まるでペンキを塗った腸詰のようなその黴毒女ばいどくおんなを、春日が、例え噂にもしろ「ネネ」と呼んだ、ということについては、激しい不満を感ぜずにはいられなかった。
腐った蜉蝣 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)