“ばいしょうろん”の漢字の書き方と例文
語句割合
梅松論100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
320x100
けれどまた、北朝方の手に成った「梅松論ばいしょうろん」という一書もあり、これはむしろ足利尊氏方なので、二書をあわせ見れば、やや公平にちかい客観点に立てぬことはない。
随筆 私本太平記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)