“ながしぐち”の漢字の書き方と例文
語句割合
流口100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかしきちんと片付いている台処の様子を始め、そのあたりにも血の流れている様子は見えないので、重吉はやや安心して流口ながしぐち進入すすみい揚板あげいたの上に半身をのばして、再び、
ひかげの花 (新字新仮名) / 永井荷風(著)