“てんちべに”の漢字の書き方と例文
語句割合
天地紅100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「笑はなきや言ひますがね、天地紅てんちべに半切はんきれに、綺麗な假名文字かなもじで、——一とふでしめし上げまゐらせさふらふ——と來ましたね、これならあつしだつて讀めますよ」