“てむじん”の漢字の書き方と例文
語句割合
鉄木真100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ、義経よしつね鉄木真てむじんとを同一人にしたり、秀吉を御落胤ごらくいんにしたりする、無邪気な田舎翁でんしゃおうの一人だったのである。
西郷隆盛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)