“つぎざを”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
繼竿66.7%
繼棹33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ガラツ八は飛んで行きましたが、間もなく釣の好きなのは手代の與助で、これは自慢の繼竿つぎざをを持つてゐることまで聽いて來ました。
平次は勘六の持出した手燈の側へ、右手に持つて居た三尺あまりの繼竿つぎざをの先を出しました。
繼棹つぎざをだと思つてもいい。
吾が愛誦句 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)