“だんしうじつ”の漢字の書き方と例文
語句割合
段秀実100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
唐の段秀実だんしうじつ郭曦かくぎにおいては彼がごとくの誠悃、朱泚しゆせいにおいては彼がごとくの激烈、しからばすなはち英雄おのづから時措のよろしきあり。
留魂録 (新字旧仮名) / 吉田松陰(著)