“たうぢやうぐわせき”の漢字の書き方と例文
語句割合
刀杖瓦石100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
されば町を行けば、心ない童部わらべあざけらるるは元より、刀杖瓦石たうぢやうぐわせきの難にうた事も、度々ござるげに聞き及んだ。
奉教人の死 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)