“そじょち”の漢字の書き方と例文
語句割合
沮洳地100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あしの枯れ葉が日を浴びて立つ沮洳地そじょちのような平地が目の前に広がっていた。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
それゆえに湿地・沮洳地そじょちを意味する単語の入用は外国よりもはるかに多く、従ってまたこれから作った固有名詞が無数にあるのだが、中央の辞典には一部しかそれが出て来ない。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)