“そうすいしつりゅう”の漢字の書き方と例文
語句割合
双水執流100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青柳喜平というのは当時から福岡の青物問屋でも一番の老舗しにせ双水執流そうすいしつりゅうという昔風の柔道の家元で、武徳会の範士という、仁三郎には不似合いな八釜やかましい肩書附の親友であった。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)