“ぜいじゃくじ”の漢字の書き方と例文
語句割合
脆弱児100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だから彼は、こんな歓宴の中でも、あわれを覚え、同情はいだいても、この一箇名門の脆弱児ぜいじゃくじを、自己の薬籠中やくろうちゅうにして、完全に利用しきろうとする底意には、何らの矛盾むじゅんも良心のまどいも覚えはしない。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)