“せつよう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
摂養50.0%
節用50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、かれは夫人に摂養を説いた。そして
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
奉行は逐一聞いていて、わからない言葉に出逢うと、日本とロシアの言葉を並べた言葉の節用といった本をだし、指で字を押しながら
重吉漂流紀聞 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)