“じぞうざか”の漢字の書き方と例文
語句割合
地蔵阪100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次に停車した地蔵阪じぞうざかというのは、むかし百花園や入金いりきんへ行く人たちが堤を東側へと降りかける処で、路端みちばたに石地蔵が二ツ三ツ立っていたように覚えているが、今見れば、奉納の小さなのぼりが紅白幾流いくながれともなく立っている。
寺じまの記 (新字新仮名) / 永井荷風(著)