“じせいおく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
時世後50.0%
時勢後50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかのみならず先に言う如く士は今日階級としてはない、昔の如く「花は桜木、人は武士」とった時代は過ぎ去って、武士を理想あるいは標準とする道徳もこれまた時世後れであろう。
平民道 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
「父はもう時勢後れですから、ああでもして暮らしているよりほかに仕方がございません」
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)