“じじこじ”の漢字の書き方と例文
語句割合
自恃居士100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
陸奥福堂むつふくどうも死際にはしきりに細君を叱つたさうだし、高橋自恃居士じじこじも同じことだつたといふし、して見ると苦しい時の八つ当りに家族の者を叱りつけるなどは余一人ではないと見える。
病牀六尺 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)