“じきらん”の漢字の書き方と例文
語句割合
直覧100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わけて円心は、戦場でひろい集めた二タ股者の旗屑などを、わざわざ尊氏の直覧に入れたなどは、自分のいやしさとかえりみて、いささか面目なかったものか
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「謙信の陣より、鬼小島弥太郎というもの、使者として、御陣地へ近づき参り、この一書を、織田どのの直覧に入れられよと、高らかに申し入れて、すぐ立ち去りましてござりますが」
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)