“しんかわやちょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
新革屋町100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新革屋町の染物屋の娘お、同じ神田鍋町の酒屋伊勢直へ嫁入りさせましたが、どこでどうり替えられたか、向うへ行って、綿帽子を取ってみると、花嫁が変っていたというのです。
新革屋町の染物屋の娘お、同じ神田鍋町の酒屋伊勢直へ嫁入りさせましたが、どこでどうり替えられたか、向うへ行って、綿帽子を取ってみると、花嫁が変っていたというのです。