“しわけかきあげちょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
仕訳書上帳100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なお、過ぐる亥年の三月から七月まで、将軍還御のおりのお供と諸役人が通行中に下された人馬賃銭の仕訳書上帳なるものを至急国もとから取り寄せて差し出せと言いつけた。
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
奉行から話のあった仕訳書上帳の郷里から届いたのも差し出してあり、木曾十一宿総代として願書も差し出してあって、半蔵らはかわるがわる神田橋外の屋敷へ足を運んだが
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)